aboutbyo (2)

バイオトロールとは

どんな製品でも細菌や微生物を除菌することは可能です。
しかし、バイオトロールには、今までにない安全性と優れた抗菌力を有します。
過去の世界
過去百年にわたり、次亜塩素酸ナトリウムやエタノールのような製品は、微生物を除去するための主要な手段でした。
そしてそれらの製品の大半は、戦前の技術に基づいており、すべて同じ基本原理による働きをしています。それは、微生物を毒殺するか、もしくは化学熱傷で微生物を破壊してしまうかになります。
これらの方法は効果がありますが、非常にコストがかかります。 最も即効性のある製品には毒性があり、最悪の場合、無差別に有害で、有毒なものです。
しかも、これらの技術は、揮発するまでの短時間しか効果がありません。使用後5分以内に効果がなくなる場合もあり、乾燥してしまうと効果はありません。
長時間効果が続かないので、細菌や他の微生物はすぐさま増殖し始めます。その再生速度は驚くほど早く、生き残った1個の菌が、翌日には8百万個に増殖するのです。
新しい世界
バイオトロールは、衛生技術において革命を起こしました。
様々なシーンで活用できます。

バイオトロールは、それぞれのレベルで応じることによって微生物の問題に取り組んでいます。
そして、菌のサイズやすべての雑菌に共通する部分に焦点を当てることにより、何百もの違う種類の微生物をより確実な方法で除去します。

微生物はとても小さいものです。
バイオトロールは、化学作用だけでなく、表面張力も使います。
小さいものに大きく作用する機械的な力を使います。
その結果、目に見えない微生物の世界で、破壊する物理的作用が起こります。

しかし、人のスケールではほとんど見ることができません。
バイオトロールの力は、文字通り微生物を引き離し、広げて切り裂き、粉々に破壊します。
そうなるように作られており、何時間も何日も表面に残っています。
肉眼では見えない顕微鏡レベルのため、人の手で感じることはできません。
しかし、微生物は確実に死滅しています。
この持続的な抗菌力のある技術により、私たちは安心して過ごすことができるでしょう。

科学における詳細

バイオトロールは、数十万回を超える試験により辿り着いた特殊な消毒剤の配合により不活性重合体(重合体の主鎖)と非化学化合物(金属イオン封鎖)を取り込んだ一連の特許技術です。 これは他の技術ではできないことだと確信しています。

バイオトロールは、数十万回を超える試験により辿り着いた特殊な消毒剤の配合により、不活性重合体(重合体の主鎖)と非化学化合物(金属イオン封鎖)を取り込んだ一連の特許技術です。 これは他の技術ではできないことだと確信しています。 この化合物は、水溶液中でもコロイド状のこう質粒子として存在し、熱的に、化学的に安定した種属になります。バイオトロールは、新しい化学物質でも化合物でもありません。しかし、存在する構造化された化合物であり、よく知られている成分をもっとも効果的にする方法で結合しています。 これらは、すでに政府機関によって承認された、信頼性のある、実験済みの成分に基づいています。一般的には、重合体は自然界では疎水性です。バイオトロール分子が優先的に表面や有機体の物質に付着します。 この疎水性付着物(バイオトロール分子)の性質は、水溶耐性の除菌剤になります。これは、除菌剤が長期間効果的に、その場所にとどまることを意味しています。 そして、微生物が増殖しない環境を作りだし、抗菌作用を持続させます。 (ステンレススチールやガラスの表面でも7日間作用します。) この構造の効果により、バイオトロールは除菌剤の性能向上における重要な乗数効果をもたらしました。バイオトロール分子の構造と長期抗菌作用の結果として、より少ない量で、それ以上の効果が期待できるのです。 バイオトロール技術は、微生物の物理的、化学的抑制の両面をうみだす構造体を作ります。物理的な力は、微生物に対し圧力をかけ、重合体と除菌剤の間に作られた急峻な表面エネルギーの勾配によって生じます。この伸ばしたり圧縮したりする働きは、表面張力を利用します。 表面張力はサイズが小さくなるほど増加するので、極小の微生物をターゲットにするとより効果的であり、大きな生物には効果的ではありません。またバイオトロールは、懸濁液実験においても性能の向上がみられました。(例えば、通常、水中では漂白剤よりも数百倍以上の効力があります。) 定期的な使用により、バイオトロールは単分子層を表面に作ります。それは、ゴミやほこりなどの汚れを防止する"清潔な状態"を保ちます。

規則情報

バイオトロールは、病院、食品工場、老人介護施設、家庭も含めた様々な環境で安全に使用されています。

様々なところで、
繰り返し実証されています。
独立機関や社内での実験、開発に7年かけ、バイオトロールは病院、食品工場や老人介護施設、家庭も含めた様々な環境で安全に使用されています。

そして、これらの場所に必要で、適切な承認を政府機関から受けています。バイオトロールは以下のものを含んでいません。
抗生物質:常用しすぎると耐性を引き起こします。
重金属:水銀や鉛などは、環境にも人にも有害です。
塩類有害金属:スズや銅などは残留物の問題を引き起こします。
ポリ塩化ビフェニル:ダイオキシンの問題を引き起こします。

バイオトロールは世界各国で特許を取得しています

取得状況

タイトル
出願番号
ステータス
オーストラリア
Anti-Microbial Composition
2002216292
取得
アメリカ
Anti-Microbial Composition
1C/039677
取得
中国
Anti-Microbial Composition
2804949.7
取得
香港
Anti-Microbial Composition
7019160.8
取得
日本
Anti-Microbial Composition
2010-539276
取得
インド
Anti-Microbial Composition
01031/DELNP/2003
取得
南アフリカ
Anti-Microbial Composition
2003/5185
取得
シンガポール
Anti-Microbial Composition
200304045.8
取得
イギリス
Anti-Microbial Composition
100155.1
取得
ヨーロッパ
Anti-Microbial Composition
2740031.6
取得
※スクロールでご確認できます