ホーム > バイオトロールサイエンス > 科学における詳細

バイオトロールサイエンス

科学における詳細

バイオトロールは、数十万回を超える試験により辿り着いた特殊な消毒剤の配合により、不活性重合体(重合体の主鎖)と非化学化合物(金属イオン封鎖)を取り込んだ一連の特許技術です。 これは他の技術ではできないことだと確信しています。

この化合物は、水溶液中でもコロイド状のこう質粒子として存在し、熱的に、化学的に安定した種属になります。 バイオトロールは、新しい化学物質でも化合物でもありません。 しかし、存在する構造化された化合物であり、よく知られている成分をもっとも効果的にする方法で結合しています。 これらは、すでに政府機関によって承認された、信頼性のある、実験済みの成分に基づいています。

一般的には、重合体は自然界では疎水性です。 バイオトロール分子が優先的に表面や有機体の物質に付着します。 この疎水性付着物(バイオトロール分子)の性質は、水溶耐性の除菌剤になります。 これは、除菌剤が長期間効果的に、その場所にとどまることを意味しています。 そして、微生物が増殖しない環境を作りだし、抗菌作用を持続させます。 (ステンレススチールやガラスの表面でも7日間作用します。)

この構造の効果により、バイオトロールは除菌剤の性能向上における重要な乗数効果をもたらしました。 バイオトロール分子の構造と長期抗菌作用の結果として、より少ない量で、それ以上の効果が期待できるのです。

バイオトロール技術は、微生物の物理的、化学的抑制の両面をうみだす構造体を作ります。 物理的な力は、微生物に対し圧力をかけ、重合体と除菌剤の間に作られた急峻な表面エネルギーの勾配によって生じます。 この伸ばしたり圧縮したりする働きは、表面張力を利用します。 表面張力はサイズが小さくなるほど増加するので、極小の微生物をターゲットにするとより効果的であり、大きな生物には効果的ではありません。

またバイオトロールは、懸濁液実験においても性能の向上がみられました。 (例えば、通常、水中では漂白剤よりも数百倍以上の効力があります。) 定期的な使用により、バイオトロールは単分子層を表面に作ります。 それは、ゴミやほこりなどの汚れを防止する"清潔な状態"を保ちます。