ホーム > バイオトロールサイエンス > バイオトロールにおける科学

バイオトロールサイエンス

バイオトロールにおける科学

どんな製品でも細菌や微生物を除菌することは可能です。しかし、バイオトロールには、今までにない安全性と優れた抗菌力を有します。

過去の世界

過去百年にわたり、次亜塩素酸ナトリウムやエタノールのような製品は、微生物を除去するための主要な手段でした。 そしてそれらの製品の大半は、戦前の技術に基づいており、すべて同じ基本原理による働きをしています。 それは、微生物を毒殺するか、もしくは化学熱傷で微生物を破壊してしまうかになります。

これらの方法は効果がありますが、非常にコストがかかります。最も即効性のある製品には毒性があり、最悪の場合、無差別に有害で、有毒なものです。

しかも、これらの技術は、揮発するまでの短時間しか効果がありません。 使用後5分以内に効果がなくなる場合もあり、乾燥してしまうと効果はありません。
長時間効果が続かないので、細菌や他の微生物はすぐさま増殖し始めます。その再生速度は驚くほど早く、生き残った1個の菌が、翌日には8百万個に増殖するのです。

新しい世界

バイオトロールは、衛生技術において革命を起こしました。様々なシーンで活用できます。
バイオトロールは、それぞれのレベルで応じることによって微生物の問題に取り組んでいます。
そして、菌のサイズやすべての雑菌に共通する部分に焦点を当てることにより、何百もの違う種類の微生物をより確実な方法で除去します。

微生物はとても小さいものです。バイオトロールは、化学作用だけでなく、表面張力も使います。小さいものに大きく作用する機械的な力を使います。
その結果、目に見えない微生物の世界で、破壊する物理的作用が起こります。 しかし、人のスケールではほとんど見ることができません。

バイオトロールの力は、文字通り微生物を引き離し、広げて切り裂き、粉々に破壊します。 そうなるように作られており、何時間も何日も表面に残っています。
肉眼では見えない顕微鏡レベルのため、人の手で感じることはできません。 しかし、微生物は確実に死滅しています。 この持続的な抗菌力のある技術により、私たちは安心して過ごすことができるでしょう。