ホーム > クリーンライフ > カビ撃退! 梅雨の時期の徹底掃除法

バイオトロールサイエンス

カビ撃退! 梅雨の時期の徹底掃除法

カビ撃退! 梅雨の時期の徹底掃除法

カビ撃退! 梅雨の時期の徹底掃除法

湿気の多い部屋はカビやダニが増殖しやすく、場合によってはアレルギーを引き起こす原因になることもあります。

特に梅雨の時期はカビが繁殖し、室内の空気も悪くなり、床が湿気で湿っていてどことなくカビ臭く感じてしまいますよね。
梅雨の時期は、どのような掃除を行えばいいのでしょうか?

今回は、梅雨の時期の徹底掃除法を紹介します。

換気が要! 梅雨の時期の掃除法

換気が要! 梅雨の時期の掃除法


梅雨の時期に注意しなくてはいけないのは、何と言っても湿気とカビの増殖。

カビは、70%以上の湿気と、ホコリ・人間の垢・雑菌、25~30度の気温が揃うと、とても速いペースで増殖していきます。

どのような掃除をすればカビの繁殖を防ぎ、湿気を回避できるのでしょうか?

【カビ防止の掃除法】

【カビ防止の掃除法】


・カーペット、カーテン、ベッドは徹底的に
湿気は、窓際カーテンやカーペット、ベッドに吸収されやすいです。

つまり、この3つは特にカビが繁殖しやすい場所なので注意しなくてはいけません。
カーペットは定期的に掃除機をかけ、粘着カーペットクリーナーなどでカビの原因となるほこりや食べカスなどの汚れを取り除きましょう。

カーテンは定期的に洗濯し、乾燥機などを使い完全に乾燥させることをオススメします。
レースとカーテン両方を付けている方は、レースをあらかじめ外しておくと被害を最小限に抑えられます。
ベッドは布団乾燥機を使用して、吸い取ってしまった湿気がそのままにならないようにして下さい。

またマットレスや掛布団はクリーニングに出し、窓側にピッタリとベッドを付けている場合は通気性が悪くなるので、できるだけ離すと良いでしょう。

・クローゼット、靴箱は徹底換気
クローゼットは服を出す時以外は締めっぱなしのご家庭が多いはず。
しかし、衣類が多いクローゼットは定期的に換気をしないとクローゼット内のみならず、衣服にもカビが繁殖する恐れがあります。
乾燥剤や新聞紙をクローゼットの隅に置き、できるだけ湿気の残らない環境を作りましょう。
また、室内の除湿を行う際はクローゼットを開けて一緒に換気すると効果的です。

そして靴箱は、雨で濡れた靴をそのまま入れてしまう方もいらっしゃいます。
雨をたっぷり含んだ靴は、きちんと乾燥させないと他の靴に湿気が移ってしまい生乾きの臭いがするようになってしまいます。
こちらも乾燥剤や新聞紙を靴箱に入れるようにし、靴は浴室などで換気扇を回し出来るだけ早く乾かすようにして下さい。

【カビが発生してしまった時の対処法】

【カビ防止の掃除法】

・リビング、寝室など、部屋で発見した場合
カビを乾いた布で取り除いたあと、バイオトロールを拭きかけてカビを取り除いた布とは別の布で拭きとります。

カビは雑菌の塊ですので、発生したカビを拭き取るだけでは再び繁殖してしまいます。

消毒用アルコールが無い場合は、酢と水を1:1で薄めたスプレーを用意してカビを取り除いた部分に吹きかけ、拭き取るだけで代用できますよ。

・浴室で発見した場合
樹脂製のタイル用ブラシや、亀の子たわし、パームなどで水をかけながらカビが出来た部分を擦りカビを落とします。
この方法で落ちない頑固なカビは、クレンザーを使用して擦って下さい。

その後、消毒用アルコールやカビ防止商品を吹きかけて、よく換気しましょう。
水気が多い風呂場はすぐに菌が繁殖してカビが発生してしまうので、休日などを利用してこまめに掃除することをオススメします。

カビは、掃除を後回しにするとすぐに繁殖してしまいます。
早期発見と対策が欠かせないので、梅雨の時期は徹底したカビ、湿気対策を行いましょう!

  • 家庭用・業務用製品実証データ
  • ペット用製品実証データ
  • バイオトロールの使用方法
  • バイオトロールの特許技術
  • 実際の活用事例
  • OEMのご案内
  • 細菌&ウイルスリスト
  • バイオトロール抗菌力評価試験結果証明書
  • パンフレットのダウンロード