ホーム > クリーンライフ > 意外と知らないスニーカーのお手入れ方法について

バイオトロールサイエンス

意外と知らないスニーカーのお手入れ方法について

意外と知らないスニーカーのお手入れ方法について

意外と知らないスニーカーのお手入れ方法について

履きやすさや動きやすさはもちろん、おしゃれアイテムの一つとしても愛用されているスニーカー。
年齢を問わず履くことができるのも嬉しい魅力ですね。
そんなスニーカーのお手入れはどうされていますか?

実はスニーカーの種類によってお手入れ方法が異なるのです。
そこで今回は、今さら聞けないスニーカーのお手入れ方法について
ご紹介します。

キャンバススニーカー

意外と知らないスニーカーのお手入れ方法について

キャンバス生地とは丈夫な厚手の粗布のことで、亜麻糸や綿糸からできていて多くの運動靴やスリッポンに使われています。

このタイプの洗い方は、まず紐を外し、石鹸を使って手洗いします。
石鹸は、手洗い石鹸でも洗濯洗剤でも可能です。

続いて洗面器にぬるま湯をはり、靴用ブラシに洗剤をつけてゴシゴシ
洗ってください。
生地が厚手なので傷む心配はありません。

ただしゴム部分に関しては傷がつく場合があるので優しく洗うようにしましょう。
その後、何度かすすぎ洗いをした後に天日干しをすれば完成です。

レザースニーカー

意外と知らないスニーカーのお手入れ方法について



レザースニーカーにはいくつか種類がありますが、キャンバススニーカーよりも
お手入れが面倒
と感じる方が多いようです。

ただし、レザースニーカーは「動きやすさ」と「上品さ」を兼ね備えたスニーカー
ですので、ぜひ今回紹介するお手入れを覚えて、足元を素敵に演出してみて
ください。



スムースレザー

天然革のシューズです。
こちらは、まずブラシでホコリを落とします。
続いて革専用のクリーナーを布にとって軽く擦ってください。
この時、直接靴にクリーナーをつけてしまうとシミの原因になるので注意しましょう。

その後クリーナーの泡を拭き取りクリームをつけます。
仕上げに乾拭きして、防水スプレーをかけるとお手入れ完了です。

スエードレザー

スエードとは、山羊などの皮を毛羽立たせてなめした革のことです。
柔らかな手触りでワンポイントとしてあしらっている場合もあります。
水に弱くシミになる場合もあるので洗い方には注意が必要です。

まず、ブラシで汚れを落とします。スエードの毛の間に細かなホコリや砂が付着
しやすい
ので丁寧に行ってください。
その後スエード用の泡のスプレーを使って汚れを浮かし、拭き取ります。

その後ブラシで毛並みを整え、防水スプレーを吹きかけてください。
汚れが気になる場合には、スエード用の消しゴムの利用をオススメします。

フェイクレザー

フェイクレザーの場合は、硬く絞って水をよく切ったやわらかい布で表面の汚れを拭きとりましょう。
仕上げはクリーナーで軽く拭き取るだけ。
これだけでほとんどの汚れを綺麗にすることができますので、スムースレザーと比較するとお手入れがカンタンです。

ただし、合成皮革は天然のものよりも吸湿性が悪く、靴内部に雑菌が繁殖しやすいので要注意。
毎日お手入れするのが難しい、という方は使用後に抗菌スプレーを吹きかけて、靴をリフレッシュさせてください。

汚れたスニーカーは見た目が悪くなるだけではなく、雑菌も繁殖しやすくなるので非常に不衛生です。
お手入れを欠かさずに行い、足元をいつもカッコよく決めてください。

  • 家庭用・業務用製品実証データ
  • ペット用製品実証データ
  • バイオトロールの使用方法
  • バイオトロールの特許技術
  • 実際の活用事例
  • OEMのご案内
  • 細菌&ウイルスリスト
  • バイオトロール抗菌力評価試験結果証明書
  • パンフレットのダウンロード