ホーム > クリーンライフ > 家ダニが「喘息」「アレルギー」を引き起こす!

バイオトロールサイエンス

家ダニが「喘息」「アレルギー」を引き起こす!

家ダニが「喘息」「アレルギー」を引き起こす!

家ダニが「喘息」「アレルギー」を引き起こす!

日本では現在、アレルギーによって医療機関を受診する患者が増え続けて
います。

ご家族や知人、友人、あるいはご本人が治療を必要としているという方も
多いでしょう。

アレルギー性疾患には様々な原因があり、予防こそが最大の治療法です。
もしも予防が間に合わず、アレルギー性疾患を発症してしまった場合には、その原因となった要素をなるべく生活環境から排除する工夫をおすすめします。

原因物質を周囲から取り除けば、多少なりとも症状は軽くなるはずです。
アレルギーを引き起こす大きな要素とされる「家ダニ」についてご紹介します。

「家ダニ」の影響力はどの程度のものなのか

家ダニが「喘息」「アレルギー」を引き起こす!

家の中に発生するチリやホコリの集合体を、ハウスダストと言います。
ハウスダストの中にはダニのフン虫体の一部が多く混合しており、空気中に
舞い上がったその成分を吸い込めば呼吸器系に、肌に付着すれば皮膚

トラブルが起きるのだとか。

喘息は呼吸器系に炎症が起こる疾患の1つですが、その炎症過程危険因子は非常にアレルギー性鼻炎と似通っていて、 喘息と鼻炎が合併して発生する
ケースが少なくありません。


皮膚における炎症にも危険因子は共通しており、喘息患者の中で大人の場合は約3分の2の割合、
子どもの場合は約9割が アレルギー判定でアレルギー反応を示す
というデータもあるようです。

特にダニに対して反応するケースが多いため、家の中のダニを減らすことが出来れば多くの方に
症状の軽快が期待できるでしょう。

「家ダニ」の種類について

家ダニが「喘息」「アレルギー」を引き起こす!

家の中に生息するダニは1種類ではありません。
場所によってどのようなダニが多いのか、名前と共に覚えておくといいでしょう。

・ツメダニ
・ヒゼンダニ
・チリダニ
・コナダニ
・ヤケヒョウヒダニ
・コナヒョウヒダニ


この中で、ヒョウヒダニの分類に属するダニは非常にサイズが小さく、人を刺したり噛んだりはしません。

しかし、小さいからこそハウスダストに混じって空気中に舞い上がりやすく、また数も多いため呼吸を通して
取り込んでしまうアレルゲン物質の量も多くなります。

ダニによるアレルギー反応の軽快を目指すならば、これらのダニを増やさない取り組みが必要となるでしょう。

ダニを減らすにはどうすればいいのか

ダニを減らすには、まずこまめに清掃を行わなければなりません。
衣類、寝具など、特に体に直接触れるものにより重点的な対策をおすすめします。

寝具の手入れ
寝具の手入については注意すべき点があります。
太陽の光にはダニを殺傷し、病気などの原因菌を減らす効果がありますが、残念ながら布団を太陽に干した所でそれほどダニの
生息数は変わらないのです。

そこで、布団乾燥機の熱でダニを殺傷し、その死骸を掃除機で排除する二段構えのケアが効果を発揮します。
その上で抗菌スプレーなどを使用すれば、滅菌効果によってダニの増殖をより遅らせることも可能でしょう。

室内のダスト対策
部屋の中のホコリ除去は重要で、ほこりを舞い上がらせてしまう掃除機による掃除よりはぞうきんウェットシートなどによる拭き
掃除をするのが比較的効果的です。

空気清浄器のケア
空気清浄器を使用なさっているご家庭では、フィルターなどの掃除もこまめに行うようにしていただきたいと思います。
フィルターは意外にも菌などが繁殖しやすい場所ですので、手入れの際にはこちらも抗菌の工夫が必要です。

全ての取り組みを続けるのは大変かもしれませんが、便利なアイテムや効果が長続きする抗菌グッズなどもありますので、少しでもケアが楽になる方法を見つけて対策を進めて下さい。

  • コラム
  • 家庭用・業務用製品実証データ
  • ペット用製品実証データ
  • バイオトロールの使用方法
  • バイオトロールの特許技術
  • 実際の活用事例
  • OEMのご案内
  • 細菌&ウイルスリスト
  • バイオトロール抗菌力評価試験結果証明書
  • パンフレットのダウンロード